【Amazon/楽天/Yahoo併用で3倍売れる!】カード型物販アフィリエイトの始め方

Amazon/楽天/Yahooのアフィリエイトに取り組む上で、絶対やるべきなのは複数サイトの併用。
・贔屓のサイトで買える
・サイト間で価格などの比較ができる
など、実際の購入に向けて大きな後押しができます。

その中で一番いい方法が、「カード型の商品リンクで並べる」こと。
Amazon/楽天/Yahooのリンクをバラバラに貼り付けると統一感がなく、何よりカッコ悪いです。
綺麗にまとめて、さりげなくリンクへ誘導するためには、カード型がマストです。

「買うのを躊躇する」理由を減らして、グッと後押しをする。
カード型で商品を紹介して、どんどん売っていきましょう!!

目次

なぜ複数サイトを併用すると「3倍売れる」のか?

あなたは買い物をする時、どうやって調べます?
・贔屓のサイトへ行く(Amazon/楽天など)
・同じものを扱っていたら、条件のいいところを選ぶ
こんな感じでしょうか?
ブログの先にいる読者さんも、全く同じです。

読者さんの好きなサイト/最安値のサイトがわからないので、複数を提示して選んでもらうことが重要。
離脱を防ぎ、自分のリンクを通じて比較してもらうことで、3倍売れるようになります。

贔屓のECサイトから買える

例えば楽天派の人がAmazonのリンクを見た時どうすると思います?
楽天で扱ってないかな?と思い、楽天のサイトを見に行きます。
この時点であなたのリンクから買われることは無くなります。

ここでAmazonのリンクも一緒についていたらどうでしょう?
きっとAmazonのリンクを踏んで買ってくれるでしょう。

価格やポイントを比較できる

特に贔屓がない人でも、安い買い物をしたい気持ちはあります。
価格比較を積極的にしたい人もいるでしょう。
また、例えば「楽天お買い物マラソン」など、キャンペーンは使いたい人も。

複数のリンクを並べることで、簡単に比較ができますし、そのリンクから買ってもらえれば成果になります。

つまり、複数ショッピングサイトを出すと「売れる確率が上がる」

書き手からすると、
「複数ショッピングサイトを出すのは面倒」
そう思う方もいるかもしれません。

しかし、買い手の立場になって考えてみてください。
楽天ポイントを貯めている人は楽天で買いたいですよね?
Amazonのギフトカードをたまたま持っている人はAmazonで買いたいはず!

自分の買いたいショッピングサイトが出てない場合どうするか?
買うのをやめるか、自分で壊体ショッピングサイトに行って検索します。
あなたのサイトから買わなくなるということです。

複数提示することによって、
「あなたから買わない理由を少しでも減らす」
これが売れる確率を上げるための第一歩です。

カード型商品リンクとは

このワードは馴染みがないと思いますが、画像を見れば一発でわかると思います。
これです。

著:きぐち
¥1,426 (2022/08/09 18:22時点 | Amazon調べ)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazon

「ブログで5億円稼いだ方法」
をAmazon、楽天、Yahooショッピングの3つのリンクをつけて紹介するやつです。
※ブログで5億円稼いだ方法、内容が超濃くてブログにすぐ使えるテクニック満載。おすすめです。

カード型商品リンクの種類

カード型商品リンクの作り方は2通り。
プラグイン型と、ASPの機能型があります。
私のおすすめはプラグイン型のポチップです。

プラグイン型

WordPressのプラグインとしてリリースされているため、記事を書きながら挿入するのがすごく楽。
後に紹介するもしもアフィリエイトの「かんたんリンク」のように、いちいちサイトを移動して入れる必要がないのです。
また、プラグインに履歴を保存しておけるので、頻度が高い商品はすぐに呼び出せます。

マイクロコピーでセール情報を入れられるのも特徴。
リンクに\お買い物マラソン開催中/とか付くので、売れる確率がさらに上がります。

ポチップ(Pochipp)

私が使っているのがポチップです。
Rinkerの後追いだそうですが、無料の機能としてマイクロコピーが使えます。
セール情報は自分で期間を設定して入れる必要がありますが、無料は大きい!

セール情報を出すことによって、読者の買う気は俄然アップ。
売れ方が全然違います。
この一押しが大事なのです。

また、もしもアフィリエイトのかんたんリンクだと、Amazon以外は検索結果になりますが、ポチップだとECサイトごとにページをリンクさせられます。
検索結果だと意図していないものがあったりすることも少なくないので、この点もアドバンテージですね。

セール情報自動取得のポチッププロで売り逃し防止

ポチップにはオプションのプラグイン「ポチッププロ」があります。
これがすごく有益。

クリック率などの細かなデータが見れるなど色々な利点はあるわけですが一番大きいのはセール情報自動取得。
セール情報は手動でも設定できるのですが、結構忘れがち。
ポチッププロならノーメンテで、勝手に表示をしてくれるのです。

この効果は絶大で、私の場合はセールの多いYahooショッピングが楽天よりも売れています。
知名度で行けば楽天なのですが、人間はお得に弱いですよね。(私も)
月額400円ですが、物販を頑張る人には超お勧めです。

Rinker

ポチップより老舗なのがRinker。
こちらも、簡単にリンクを作ることができるので、使う価値はあります。

マイクロコピーを使うためには、別途COPIAという有料のプラグインを入れる必要があります。
セールの自動収集の機能は類似していますが、COPIAの方がポチッププロより細かく設定できる感じです。
ただ、月額980円はちょっと重いですね。初心者にはお勧めし難いです。

サイト型

同様のカード型リンクをサイトで作る方法もあります。
プラグイン不要ですので、導入が簡単なのが特徴です。
私は個人的にはプラグイン型が好みです。速さが違うので。

もしもアフィリエイト かんたんリンク

もしもアフィリエイトでは、Amazon/楽天/Yahooショッピングと提携ができます。
提携が承認された前提ですが、3つを並べてリンクを作る機能があるのです。
なお、楽天はもしも会員登録時に提携ができ、Yahooショッピングは審査なし。
Amazonのみ、ちゃんとした審査があります。

欠点は、もしもアフィリエイト以外は使えないこと。当たり前ですが。
Amazonアソシエイトや楽天アフィリエイトで売りたい場合には使えません。
場合によってはもしもより有利な場合があるので、これは嬉しくないです。

カエレバ

もしもアフィリエイトのかんたんリンクは、もしもアフィリエイトの案件しか出せません。
しかし、カエレバであれば、最大7つのECサイトのリンクをつけることができます。

カエレバで扱えるECサイト
・Amazon 
・楽天市場 
・Yahoo!ショッピング 
・7net 
・au PAY マーケット 
・dショッピング 
・ベルメゾン 
・セシール 
・価格コム

しかも、例えばAmazonであれば、Amazonアソシエイト/もしもアフィリエイト/バリューコマースの内、どのASPのリンクを貼るか選べます。
もしものかんたんリンクは当たり前ですがもしもアフィリエイト縛りですので、自由度が高いところが美点です。

まとめ

物販アフィリエイトをやるなら複数選択肢を提示する。
そのためには、カード型商品リンクはマストです。

私のおすすめはプラグイン型。
導入と初期設定に多少手間はかかりますが、記事作成のスピードは速いですし、マイクロコピーが魅力。
セールだと売り上げ全然違いますから。(今度お見せしたいと思います)

一つのリンクだけで戦っているあなた。
読者目線で複数提示して、3倍売っちゃいましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次